葬儀をあげる重要性~遺されたものを大切に~

お墓の在り方

亡くなった後に、納骨をするお墓を家族代々受け継いでいる家庭は多くあるでしょう。しかし、費用をかけて立派なお墓を建てたとしても、誰も訪れる人がいないお墓はあっという間に荒れてしまいます。亡くなった親の遺骨をお墓に納骨したはよいものの、何年間もお墓参りすることができずにいるという人が実際にたくさんいます。お墓が荒れ果てているかと思うと、亡くなった親に対してとても申し訳ない気持ちになってしまいますが、簡単に行くことができない事情がある場合には、どうすることもできません。そのような事情を抱えている人が、永代供養墓を購入するケースが増えています。運営が公営なのか民営なのか、はたまた特定の宗教法人なのかによって、料金が大きく変わってきます。10万円程度という低料金の永代供養墓もありますが、だいたい50〜80万円前後の料金設定になっているケースが多いです。

昔は、生まれた場所で一生を送り、その地で最後の時を迎える人がとても多かったため、各家がそれぞれ先祖代々のお墓を持っているのが当たり前のようになっていました。子供たちは、自分も将来そのお墓に入るのだと考えながら墓参りをしていましたし、子供のうちの一人が必ずお墓を承継して墓守になりました。しかし、現在のように核家族化が進んでいる状況では、先祖代々のお墓を守り続けることが簡単なことではなくなっています。先祖代々のお墓がある場所が遠くて不便なので、近場に永代供養墓を購入し、そこに遺骨を引っ越させるケースがかなりあります。都市部近郊の永代供養墓の数が増加しているのと裏腹に、地方では先祖代々のお墓の廃墓が続いています。この傾向は今後さらに強まると考えられていますので、そのうち先祖代々のお墓がなくなってしまう現象が現れるかもしれません。