葬儀をあげる重要性~遺されたものを大切に~

気になる価格

墓石は私達が死者を弔う事を目的に建立しています。江戸時代に檀家制度が確立すると庶民にも先祖の供養や葬儀等の仏事が定着して墓石の使用が一般的になりました。現在の日本では宗教意識は希薄になりましたが、季節の折々に墓参する習慣は広く残っています。しかし、墓石は一般的に野外にあるため累代の墓石は非常に傷んで汚れもこびりついてしまします。実は墓石もリフォームが可能であり、新規で立て直すよりも価格が安く済みます。

私達が購入する生活に欠かせないものの中で価格が高い品物と言えば住宅や自動車が代表的ですが、墓石の価格も高額になります。墓石を選ぶ際の最も重要なポイントは素材となりますが、価格は数十万円前後程度からが一般的です。また、近年の石材は輸入されることが多くなって価格を低く抑えられていますが、一方の国産石材の価格は格段に高価です。 最近の墓選びは交通事情等を考慮した上で墓参に都合が良いように自宅に近い場所が選ばれる傾向にあります。更に墓地自体も小区画で墓石も小規模にして簡易に建立することが主流になりつつあります。また、墓地の集まる霊園は花や緑を豊富に植生した自然に包まれて人が集まりやすい場所としてのコンセプトを持った霊園が増えています。