葬儀をあげる重要性~遺されたものを大切に~

葬式スタイル

葬式のスタイルは、以前と比べて多くなっています。多くの方に参列してもらう一般葬ではなく、故人の意向や遺族の意向で葬儀を行う方が増えています。そのひとつとして、家族葬があります。家族葬とは、文字どおっり家族だけでお葬式を執り行います。 家族葬と同様に、限られた方のみに参列していただくお葬式には密葬があります。密葬では、家族に加え、近い親戚や親友など特定の方が参列します。厳密にどの範囲まで参列できるという決まりはなく、故人やご遺族の意向によって決めることができます。

家族葬を選ばれる理由は、静かに見送ってほしい・ひっそりと見送りたいという故人やご遺族の意向がまずあります。一方で、お葬式費用が出せないという方や費用をかけたくないという方が家族葬を選ばれるケースも増えています。 一般葬の場合、規模や装飾によっても異なりますが、百数十万円から数百万円の費用がかかることもあります。もちろん、参列者に頂く香典も費用の足しにはなりますが、それでも高額な費用を準備しなければならないのです。 それに比べ、家族葬の費用は安く抑えられます。パック料金設定の葬儀社もあり、場合によっては十数万円でも葬儀が可能です。お葬式に最低限必要なものを含む料金設定であれば、なお安心してまかせることができます。ただし、まれに追加費用が請求されることもありますので、どういった場合に追加で費用が発生するのかについては、個別に確認が必要です。